おすすめの大会

【ホノルルマラソン】私がおすすめする理由とたっぷり楽しむコツも!

こんにちは!

今日は私が走ったフルマラソンの中でおすすめしたい大会をご紹介させて頂きますね!

ランニングをされている方は、「いつかホノルルマラソンを走ってみたいな~!」と目指されている方もいるのではないでしょうか?

私もその一人で、ランニングを始めた頃から、夢は「ホノルルマラソンに出場すること」でした。

長谷川理恵さんがホノルルマラソンに出場され完走されたのを知り、「なんてすばらしい経験なんだろう」と胸を打たれたのを覚えています。

しかも世界有数のリゾート地であるハワイで走れるなんで最高ですよね!!

もう迷わず、大会にエントリーしました!

そこで、ホノルルマラソンの魅力をご紹介させて頂こうと思います。

ホノルルマラソンを私がおすすめする理由

私がホノルルマラソンをおすすめする理由のひとつは、なんといってもこれ以上ないくらいのオーシャンブルーの海や、大自然の山々をみながら走ることができるからです。

またロコたちの陽気な声援の励ましや、子供たちの笑顔に癒され、走り終えた後はそのままビーチに飛び込みたくなるような、とても開放的な気分になれるからです。

ハワイでないとできない貴重な経験がたくさんできます!

ホノルルマラソンのスタート地点は、アラモアナ公園からです。

そこからワイキキビーチやダイアモンドヘッド、カピオラニ公園をゴールとし、誰もが知っている有名スポットを駆け抜けます。

スタートは午前5時なので、2~3時間前にはランナーが集まりだします。

さすがハワイ!深夜にも関わらず広場はお祭りのように賑やかな雰囲気です。

本当にこれからフルマラソン走るの?!というテンションで、地元のロコたちは本当に陽気でパワーを貰えます。

スタート時は、盛大な花火が何発も打ち上げられ、海沿いを朝日とともに走ります。大会であることを忘れてしまうほど、リラックスして走れますよ!

途中数々の撮影スポットがあるので、タイムを気にしないで走るランナーの方は思い出作りにカメラ片手に走ることもおすすめです!

また運がよければ芸能人に遭遇する可能性もあります!私も某有名アナウンサーにバッタリお会いすることができました。

42.195キロ、めげそうになる時もありますが、地元の温かいロコたちが応援してくれ、声援がとっても励みになるんです!

地元の人たちとの触れ合いも、ホノルルマラソンの魅力のひとつだと思います。

ホノルルマラソンをたっぷり楽しむコツをご紹介

ホノルルマラソンが開催されるのは12月なのですが、12月といっても日本のような寒い冬ではなく30度近い気温なのです。

ゴール後はボランティアの方が火照った身体に冷たいシャワーをかけてくれます。

これがとても気持ちいいんです!

また完走者だけに配られる完走Tシャツに着替え、ハワイ名物のマラサダを食べながら完走した者同士で達成感を味わいます。

同じ目標を達成したランナー同士、一体感が生まれて仲良くなれる雰囲気もホノルルならではですよ!

ゴール地点は有名なカピオラニ公園ですので、芝生に寝転んで疲れを癒すことができます。

青い空に青い海、潮風がとっても心地よいんです!

そして、見事フルマラソン完走した後は、ハワイ時間を存分に楽しみましょう!

火照った身体をクールダウンするために、ビーチへ行ったりショッピングしたり、おしゃれなレストランで食事したり、ダイアモンドヘッドで山登りなんかも楽しいですよね!

完走した時にもらえる、フィニッシャーズTシャツを着て街中を歩けば、必ずロコ達や旅行にきている人たちに「good job!」などと、完走を褒めたたえてもらえるんです!知らない人に褒めたたえてもらえるなんで日本ではなかなかないですよね!

そのくらいロコ達はフレンドリーで心が温かいんです。

ハワイに来たからには、時間を忘れて思いっきり楽しみましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「【ホノルルマラソン】私がおすすめする理由とたっぷり楽しむコツも!」と題してお送りしました。

世界トップレベルのリゾート地、ハワイで走ることを目標とされているランナーの皆さんには、本当におすすめしたい大会です。

時間制限がなくマイペースに走ることができますので、お友達やカップル、お子様と一緒に楽しく走ることもできますよ!

地元のロコたちの声援は、本当に励みになり、自然とパワーが湧いてきます。

また、走り終わったあとはハワイ時間を満喫できるのも魅力のひとつ。

ビーチやショッピング、アクティビティなど日本では体験できないような楽しいことをするのも良いかもしれませんね!

ぜひ時間を忘れて思い切り楽しんで頂きたいです!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。