グッズ

マラソン女子必見!マラソンをする時の崩れないメイク術をご紹介!

マラソンをする女性なら誰しも気にかけていることの一つに、「崩れないメイク」をすることだと思います。

走っているときは汗をたくさんかくので、眉毛はもちろん、ベースメイク、アイメイクなど落ちていないかものすごーく気になりますよね!

数年前の24時間テレビのチャリティーマラソンで、ブルゾンちえみさんが走られていましたよね。

ブルゾンちえみさんといえば、太めのアイラインや真っ赤な口紅が印象的で派手なメイクですよね。テレビを観ていた視聴者からは、

「90キロ走り続けていたのにメイクが全く崩れていない!」

「マラソンしてメイクが崩れないなんて、どこのメーカーか知りたい!!」という声が殺到したそうです。

崩れないコスメなんで、きっと高価なものなんでしょ?と思っていたのですが、意外にもプチプラコスメだったことがわかりました。

スポーツの汗や皮脂でもにじまないもの、ウォータープルーフのものを選べば、メイクの事を気にせず爽快に走れそうですね!

こちらの記事では、ランニングをする女子なら誰もが気になる、「落ちないコスメ」についてご紹介させていただこうと思います。

マラソンをする時の崩れないメイク術「紫外線対策、ベースメイク」

屋外で走るランナーにとって紫外線対策はマストですよね!

汗をかくのに、ベタベタと塗るのは好きではないかもしれませんが、長時間走っていると肌は紫外線を吸収し、将来シミやシワの原因となりやすいです。

SPF数値が高いウォータープルーフの日焼け止めを顔はもちろん、首や身体もムラのないよう念入りに塗りましょう。

ウォータープルーフの日焼け止めを塗ったあと、その上からUVケア対応の下地、リキッドファンデーションを塗るのがおすすめです!

リキッドファンデーションは、より肌に密着するようにスポンジを使うと良いと思います。

チークは塗らない人がほとんどです。なぜなら、走っていると暑くて頬が赤らんできますからね。

もし顔色が気になるなら、リップで色味をつけるのが良いと思います。

その方が顔の印象がグッと上がりますよ!

マラソンをする時の崩れないメイク術「眉、アイメイク」

眉は、キャップやサンバイザーをかぶっていたり、汗をかくと落ちやすい部分ですよね。

眉は顔全体の印象を決める部分となるので、汗で落ちて短くなったりしないよう、ウォータープルーフのアイブロウでしっかり描いたり、ティント、眉毛アートなどがおすすめです!

眉毛を描いた後はアイブロウコートを塗るとより落ちにくいですよ。

アイメイクは、ウォータープルーフタイプのアイライナーをしっかりめに引きましょう。

なぜなら、アイライナーはマスカラと比べても持ちが良いので、メイク崩れが気になる場合はアイラインにポイントを置くのがおすすめです。

おすすめは、k-パレットの1day tattoシリーズ。スポーツをしてもにじまず落ちない優れものです!

マスカラを塗るなら、トップコートは必ず塗りましょう。

マラソンをする時の崩れないメイク術「唇」

唇の皮膚はとても薄いので、まずは紫外線防止のリップクリームを必ず塗りましょう。

そのあと、落ちにくいタイプのティントや、グロスタイプの口紅を塗るのがおすすめ。

ベタベタするのが苦手という人は色付きのリップクリームもありますよ!

濃い色を選ぶより、ピンクベージュやベージュを選んだ方がナチュラルに見えて良いと思います。

走り終わった後は保湿をしよう!

どんなに紫外線対策のベースメイクをしっかりしても、走り終わった後のケアを怠ると肌は荒れてしまいます。

汗をかいた肌に化粧の油分などが混ざると、毛穴が汚れている状態になります。

走り終わった後はすぐにクレンジングしましょう。化粧を落とさずにそのままにしておくと肌トラブルを起こします。

洗い流した後は、必ず保湿の高い化粧水や美容液を塗り、パックをするのがおすすめです。

マラソンシーズンは秋から春にかけてですが、紫外線は降り注いでいますので、注意しましょう。

まとめ

ランニングやマラソンは屋外のスポーツなので、どうしても人目につきやすいです。

年中紫外線は降り注いでいますので、紫外線対策をばっちりし、ウォータープルーフの落ちにくいコスメを使用することで、汗をたっぷりかいても気になることはないと思います。

そして、クレンジングでしっかりお化粧を落として、保湿効果の高い化粧水などでお肌を労わってあげましょう!